自由に快適に過ごせる私だけの特別の場所が欲しい!

夢の“隠れ家”を作る方法

家族とオープンに楽しい毎日を暮らすのもいいけれど、たまには、こっそり秘密めいた特別の空間に身をおきたくなりませんか? そこで過ごせるのは、自分だけ、もしくは自分が選んだ人物を加えた数名だけ。外の騒々しさにわずらわされず、好きなことに打ち込んでいられる、好きなように過ごしていられる、そんな空間です。

つまり、それは“隠れ家”です。スペースの大小や、部屋の主な使い方、インテリアなどに多少、違いが見られても、基本的には普段の生活から切り離された空間として存在します。生活上、どうしても必要な衣食住のためのスペースとは違って、どんな形でも、どんな飾りつけでもOKです。自分の理想を込めて自由に作り上げられる空間だからこそ、深い愛着も沸いてくることでしょう。現実面を支えるのが生活空間だとしたら、隠れ家は精神面を満たしてくれる場所かもしれませんね。

自分だけの特別の場所を持つことで毎日が数倍楽しくなります。隠れ家の具体的な利用方法や、スペースの設け方について考えていきましょう。

夢の“隠れ家”を作る方法

子供のころの夢・秘密基地

小さなころ、よく遊んだ“秘密基地”を思い出してみてください

簡単な模様替えから本格的な建設まで、方法いろいろ

ほとんどルールが見当たらず、自由に作ることができる隠れ家

  • 子供のころの夢・秘密基地
    • 隠れ家で何をしよう
    • わずらわしいことから逃れてリフレッシュ
    • 趣味に没頭できる空間
    • 仕事とプライベート、ON/OFFの切り替え
    • 見られたくないものを隠しておく
    • 友人・仲間との語らい専用スペースに
    • 家族とのルールは作っておくべき
  • 簡単な模様替えから本格的な建設まで、方法いろいろ
    • 棚やパーテーションで、部屋を間仕切る
    • ロフト・屋根裏部屋を活用する
    • 室内外にシェルターを設置する
    • 地下室を作る
    • 離れを作る
    • 賃貸アパートを借りてしまう
    • 家族とはルールを作り、隠し事はほどほどに…

夢の“隠れ家”を作る方法子供のころの夢・秘密基地簡単な模様替えから本格的な建設まで、方法いろいろサイトマップ